二世帯の注文住宅

厚木県で人気なのが二世帯の注文住宅

厚木県内でとても人気となっているのが二世帯の注文住宅です。厚木県は都心にアクセスしやすい土地なので、子育て世代の夫婦や、まだ現役で仕事をしているという団塊の世代にも人気のある土地なのです。

県庁所在地である横浜市は、都会っぽさもありながら東京のようにごたごたとした雰囲気がないというのも人気がある理由の一つとなっています。海も山も近いのでおいしい食材が手頃な値段で手に入れることができるというメリットもあります。

こういった理由から厚木に二世帯の注文住宅を建築するという家族が多くなってきているのです。二世帯住宅のメリットと言うと、同居より気軽に別居より近くにということが挙げられます。子育て世代の夫婦にとって、家を買うというのはとても大きな決断になりますし、両親の今後なども考えると別居では不安と言う人も多くいるのです。

しかし両親が元気で、しかもまだ仕事をしているという人も多いので、同居するにはまだ早いと考える家族もあります。先に注文住宅で玄関や電気メーターなど完全別の二世帯を建ててしまうことで、両親がまだ一緒に住まなかったとしても賃貸として貸し出すこともできるのです。

こういった利用方法もあるということを頭に入れておくことで、両親が住まない間にもローン返済のための資金を少しでも増やすことができます。厚木県には注文住宅を建てるためのハウスメーカの展示場が多くありますので、何度でも足を運んで自分たちの気に入ったメーカに見積もりを出してもらうことで、マイホームへ一歩近づくことができるのです。

二世帯の注文住宅になると木造か鉄骨かで金額にかなりの差が出てきてしまう場合もありますので、躯体に関しては家族内でしっかりと相談をして決定することをおすすめします。

世帯が別になることで、何を共同にして何を分けるのかということまでしっかりと話し合っておく必要もあります。お互いの家を気軽に行き来できるような関係なのか、プライベートは詮索されたくないという家庭なのかによってもどの設備を共同にするかが変わってくるのです。

この話し合いをしっかりとしておかないと後々トラブルになってしまい、どちらかが出ていかなくてはならない事態になってしまうという家庭も多くありますので、一緒に住むにあたってのルールや禁止事項などはしっかりと決めておくことをおすすめします。家族全員が納得して快適に生活できる家作りをするためには話し合いがとても重要なのです。”