床の色はどう選ぶ

厚木の注文住宅の床の色はどう選ぶ

厚木で注文住宅を建てて、床の色に悩むのは当然です。色は人それぞれに好みがあるので、一概にどの色が良いという事はできません。ただ色の選び方の基本的なことはあるのです。

明るく白っぽい色は軽く感じるし、暗くて濃い色は重たく感じます。だから建物の室内の色は、床部分は濃い色で重たい感じがしても違和感はありませんが、天井に濃く重たい色を選ぶと重圧感があり天井に圧迫されるようで良くないです。
また色にも流行があり今年は何色とかありますが、住宅に関してはこれにこだわる必要は無いでしょう。

厚木の注文住宅でも一般的に洋室の床の色は、ブラウン系の濃い色ややや濃い色が使うのが良いでしょう。これは木をイメージして暖かみをだし汚れを目立たなくさせる方法ですが、家具などで傷が入ると逆に目立ってしまう場合がありますが補修液で直ぐに修復できます。

明るいベージュ形の床材もありますが、これを使う場合は壁はこれより明るい色にして天井はもっと明るい色にしましょう。

部屋全体が明るくなり暖かい印象になるので子供部屋などには良いでしょう。注文住宅という事なら無垢材のフローリングの色も暖かみを感じます。

また水周りの台所や洗面所またトイレなどに、塩ビ系の長尺シートを使う事がありますが、色彩もいろいろありデザイン模様もいろいろあるので選ぶのが楽しいです。しかし石目調などの冷たい感じのする色彩は止めて、暖色系の明るい色にすると良いでしょう。

暗い色だと調味料や化粧品などの落ちている事に気付かずに足やスリッパを汚す事になります。ここは汚れが目立ってこまめに掃除をするような色彩を選びましょう。また小さな部屋のトイレなどは大きな柄のものは避けて、小さな柄で暖色系を選ぶと良いでしょう。

厚木の注文住宅は高級感を出そうと思ったら、床の色も濃い感じのフローリングなどを使うと良いでしょう。色の濃いことで重厚感が出てきて床材に高級感が出てくるでしょう。

注文住宅は建て主の色の好みを優先させるべきでしょうが、部屋全体の違和感のないように色に変化をつけるように注意すべきでしょう。好みの色で各部屋の床の色に濃淡を付ける事で、家全体がお洒落で高級感を持った家に感じられます。

また好みの色一色で部屋を統一する時は、床の一部にでもポイントで違う色を入れることで、面白味や変化が出て遊び心のある部屋に返信します。厚木の注文住宅の床の色は、基本的な事を守りながら変化をつけることで高級感や遊び心を醸し出すようにしましょう。”