床暖房を導入

厚木で床暖房を導入した注文住宅の費用

厚木は比較的温暖な地域ですから、注文住宅の設計時に床暖房を導入するするのも良い方法ですが、システムやエネルギー源の契約などによって費用や導入コストが異なってきますので、十分な検討が必要となります。

システムの形態では電気式と温水循環式がありますが、電気式には一般的な電気の契約で使用するものとオール電化で使用する場合、太陽光発電と組み合わせる場合など、エネルギー源の契約方式や設備によって導入費用も維持費も大きく異なります。

特に電気式の場合にはランニングコストが高くなりますので、太陽光発電と組み合わることも検討する必要があります。
オール電化で使用する場合には温水循環式も選べますので、コストパフォーマンスがポイントになってくると言えます。温水循環式ではガス給湯器を使用するものと、石油給湯器を使用するものがありますし、オール電化で電気温水器を使用する方法があります。

温水循環式のほうが電気式よりもランニングコストを抑えることが可能ですが、導入費用は温水循環式の方が高くなってしまいます。
またオール電化にした場合やエコジョーズを選択した場合など、床暖房以外の給湯器や暖房器具によってランニングコストや導入コストが異なりますので、トータルでコストパフォーマンスを重視することが大切です。

注文住宅ですから自由に設計できるメリットがありますが、設計内容によっては総工費が高額にもなりますし、ローコスト住宅を実現することが可能です。厚木は雪国ではありませんのでそれほど寒期を気にかける必要がありませんが、床暖房を導入するには建物の基本性能を高める必要があります。

床暖房を導入するには、高気密高断熱工法などの工法は必須となりますし、建物内で暖められた空気を巡回させる設備も必要になってきます。
電気式の暖房器具は熱の立ち上がりが早いというメリットがありますが、断熱性能が高く無いと暖かくならないというデメリットがあります。ですから気密性と断熱性能を高めた高気密高断熱工法や計画換気と言った、建物の基本性能を高くすることが可能なのです。

厚木でも注文住宅を設計する場合には、暖房器具の性能を効率よく発揮するための設計プランを作る必要があるのです。

注文住宅は自由に設計プランを作ることができますので、床暖房などの設備を導入する場合には注文住宅のメリットを活かすことが可能です。暖房性能を高めるには、ランニングコストや導入費用の経済性も重要ですが、エネルギーロスのない高性能な建物が必要となるのです。”